【課金】ガチャがゲームの楽しさに占める割合 | ビルメンゲーム道

【課金】ガチャがゲームの楽しさに占める割合

ガチャはゲームアプリ内のレアキャラやレアアイテムを取得するための手段です。

しかし、単純な購入とは違うため、それ自体にゲーム性が存在しています。レアを引けるかどうかは確率が絡むため、ギャンブル性を持っており、さらに期間限定イベントなどの開催により、プレミア感も付いてきます。

もちろんこれが基本的な運営のやり口ではあるんですが、しかし楽しいものは楽しい!

もちろん無課金でも回せる

多くのゲームアプリではログインなどの報酬で課金石などが配布されます。この課金石でガチャが回せるため、ガチャの楽しみは無課金でも味わえます。

むしろ、無課金の方が子供と共通の話題が出来たり、ゲーム性をフルで楽しめたりするので、逆に楽しいという人もいるでしょう。改造コードで最強プレイをしても、全然面白くないのと一緒ですね。

配布石には限りがありますので、やりくりを考えるリアル戦略性も地味に楽しかったり。どのガチャを引くかで結構個性が出るところです。

リアルマネー投入もまた良し!

大抵のゲームアプリは継続的にイベントを開催し、新キャラ・新アイテム・新システムを打ち出してきますので、一時的に廃課金してゲームクリア!とはなりにくいですね。毎月、多少の課金をしていくのが一般的です。

課金予算は収入やゲームへのはまり度などによって変わってくるでしょうけど、この課金予算の配分を考えるのも楽しさの一つ。

ガチャは言ってしまえばギャンブルですが、競輪・競馬のように大金を失うものでもありませんのでさほど害はありません。サービス終了しない限り、データ上の情報として形に残りますしね。

ガチャをある程度回せる予算を確保しておくと、ゲーム内の新キャラ追加が楽しみになり、日々がちょっとだけ楽しく過ごせます。

サービス終了時、後悔しない範囲で‥

超廃課金とかしてしまったら、サービス終了したときにかなり後悔することになるかもしれません。基本的にいつまでも続くものではないということを頭に入れておかなければなりません。

私も一応、複数のゲームをやっていますが、どれかサービス終了してもまだいくつかある、というような保険的考えもちょっとあります。1個終了すれば、たぶんまた一つ新たなゲームを始めるでしょう。

どんなに栄えたゲームでも、いつかは終わりが来ます。その時、「楽しかった。後悔はしていない」と言えるような範囲で、楽しく遊びましょう!

関連記事

【課金】ブラウザゲームに課金し続けてリボに手を出した話

【楽しみ・娯楽】ゲームへの課金は消費?浪費?それとも投資?